ジュエリーには 美しさと感動があります all handmade Jewelry 岡田彫金工房 新しいデザインのカスタムメイドジュエリーを、プラチナ・ゴールド・チタンでただ一つ手づくり   | 実店舗情報 | CONTACT
creative design,  flexible crafting,  special techniques



Q & A

少し専門的なこと


TOP PAGE
   トップページ
   新館
ORDER MADE
   オーダーメイド
   オーダー
   リフォーム
WEDDING
   結婚指輪(チタン/プラチナ)
   プラチナ
   チタン
    チタンマリッジ案内
    チタンリング説明
   うれしいお便り
ORIGINAL
   工房オリジナル
   ヴィンテージチタン
   チタンバングル
   UTUROI
GALLERY
   ギャラリー


NEW
   新着情報
BLOG
   時々更新新着ブログ
   最近の制作加工
   指輪作者の日常
   創作考案アトリエ
   『オーダーチタンマリッジリング』
   (2001〜2011)ブログ

   チタン デザイン画
HOW TO ORDER
   注文方法
SITEMAP
   サイトマップ
CALENDAR
   工房カレンダー
   地図・交通
ABOUT
   岡田彫金工房のこと
   アトリエ
Q & A
   お問い合わせ と お答え
   少し専門的なこと
   オーダーについて
   チタンのこと
   つくること(番外編)


Mail
   頂いたお便り
Pure gold
   純金
Commemoration
   記念のジュエリー
Vintage Titanium
   20世紀 チタン
Spiral Titan Ring
   チタン スパイラル画像


Maintenance
   メンテナンス
   メンテナンス アルバム
Abillity
   できること

 ジュエリー 電話での見積りは プラチナジュエリーをきれいに光らせることができませんが…
 ジュエリー 電話での見積りは シルバー950が綺麗な鏡面にはなりませんが…
 ジュエリー 電話での見積りは “ロウ枯れ”って 何のことですか?
 ジュエリー 電話での見積りは 細くて曲がってしまう指輪を硬くする方法があると聞きましたが・・・。
 ジュエリー 電話での見積りは サイズ直し時に地金の硬さに差があって困りますが・・・。
 ジュエリー 電話での見積りは “ ス ”って 何ですか?
 ジュエリー 電話での見積りは “鋳造・鋳金 (・鍛金・彫金) ”って 何ですか?
 ジュエリー 電話での見積りは “ ロウ付け ”って 何のことですか?
 ジュエリー 電話での見積りは “ ロウ目 ”って 何のことですか?
 ジュエリー 電話での見積りは 銅と銅を接合するのに、接合面が目立たない方法は?
 ジュエリー 電話での見積りは “ 白金 ”って ?
 ジュエリー 電話での見積りは 指輪の「 リングゲージ 」1ゲージの差は何ミリですか?


  少し専門的なことオーダーについて   チタンのことチタンのこと   つくることつくることについて


プラチナジュエリーが、きれいに光沢仕上げできませんが・・・ (2003.11.29)
 プラチナ製品は、バフ掛けだけではきれいに光らせることが難しいです。手仕事で細部まで仕上げるにはヘラ掛けが欠かせません。複数個を同時に仕上げる場合は、色々な方式のバレル研磨装置があります。
 鋳造品の広い面は硬いバフが有効で、ヘラはかえって欠点を目立たせます。
(ただ、巣のあるものは それだけで既に欠陥品ですので 研磨しても意味がありません。没品ということで鋳潰してください。)

 18金製品は、バフ掛けだけでも方法によってはきれいになります。電解研磨は、内側も光らせることができますが、しすぎると細部が消失してしまいますので、おおざっぱなデザインの商品向きです。

 シルバー製品やチタン製品をキャストで制作した場合、鋳込み温度が適切でないと とても硬い皮膜が付くことがあります。仕上げには また別の技術や方法が必要です。

 

少し専門技術ページ先頭へ

シルバー950で…、ヘラを前後に動かした跡がどうしても残ってしまうのです・・・ (2004.2.7)
 『シルバー950でジッポケースを作っているのですが、ヘラを前後に動かした跡がどうしても残ってしまうのです。キズではなく、全体に凹凸の筋が残っている感じです。…いろいろ試したのですが、やっぱり綺麗な鏡面にはなりませんでした。』 と、メールをくださいました。

 実際は、ヘラ仕上げだけでも鏡面に近いところまで仕上げることができます。
ヤスリ掛けにも、ペーパー仕上げにも、荒中細と3段階の工程があります。
1本の同じヘラを使っても、力の加減で強中弱のヘラ掛けができます。
微弱も超微弱にもできます。
 ヘラは、先に近い部分が最も力が入ります。
先端以外の場所での“超微弱” を、よく磨いたヘラでお試しください。

 また、広い平面を磨く時に、リューターの布バフポイントを使いますと 面がダレます。
ケースの幅より広い 硬いバフで正確な平面を出し、その後の仕上げ段階で 柔らかいバフの使用をお勧めいたします。

 素材についてですが、鏡面仕上げをする場合には、柔らかい950銀よりも 硬い925銀の方が比較的仕上げ易いです。また、硬い地金の方が実用的です。

 「きれいな仕上げ」を目指す場合は、ヘラの使い方にも バフの当て方にも “熟練”のところまで技術を磨かないと、満足する結果が出てきてくれません。力加減と力をかける方向と手順が大切です。意欲と工夫と時間が必要ですが、コツが会得できればその後の世界が広がります。

少し専門技術ページ先頭へ

ロウ枯れ”って 何のことですか?  (2001.6.5.)
 プラチナや18金の部品を くっつける時に使った“ロウ”が錆びて、脆くなった状態のことです。
例えば、木工品に使う “接着剤”、 紙製品に使用した “糊”、 プラチナに使った “プラチナロウ” ・・・ そのようなイメージの、接合部分がダメになった様子 をいいます。

 指輪の サイズ直しした部分が プチンと開いてしまった とか、ブローチやカフスの 足の部分が ポコンと取れてしまった とかのトラブルは、“ロウが枯れてしまった”ことが原因の場合があります。10年 20年 30年 40年 と、時間が経過するにつれてロウ枯れが起こる可能性は高くなります。汗や排気ガスなどでも ロウは脆くなります。

     ---------------------------------------------------------------------

 指輪の使用中に サイズ直し部分がプチンと開かないためには、開く外側方向に加工硬化させないことが大切です。
少しサイズを大きくするだけ(たとえば 0.3号アップ)だからと、地金を足さずに(普通は間に地金を追加します)木槌で叩いて大きく伸ばしたままの場合や、楕円形に歪んでいたものを丸く直してそのままにした場合など、地金が硬くなりバネになっている状態は要注意です。
何年後か ロウが弱ってきた時に、いつも力のかかっていた接合面が離れる可能性が大です。
 金属内部のストレスを取り去る必要があります。
しっかりなました後、地金を硬化させることで対処します。

 ペンダントなど 可動部分の丸カンは、ヘラをしっかりと当てて硬化させると 寿命がとても長くなります。いつも気を配りたいものです。              (2002.10.03)

少し専門技術ページ先頭へ

細くて曲がってしまう指輪を硬くする方法があると聞きましたが・・・。 (2003.05.11)
 鈍った(なまった)プラチナや18金を硬くする方法はあります。
でも、倍くらいの硬さにはできても、元々の幅や厚さがしっかりしていませんと やはり指輪は変形します。(貴金属は、合金状態にしても タングステンやモリブデンの様には硬くなりません。)
 たとえば、自転車のブレーキをかけた場合や、デパートの重い荷物をぶら下げて歩いている場合、ゴルフクラブを振った場合など、力が掛かると指輪は変形しやすいです。

 普通は 18金よりもプラチナ指輪のほうが曲がりやすく、2〜3グラムで作られている指輪に 強度を求めることは難しいです。
 中石の大きさ・デザイン・指輪サイズによって違いはありますが、一般に 6〜7グラム以上の付目になってきますとしっかり丈夫になってきます。

 また、一度サイズ直しをした指輪は鈍ってしまっている場合があります。
技術や知識や誠意のある人(店・工房・会社)に頼むことが、長く快適に楽しむためのベストの方法です。

少し専門技術ページ先頭へ

サイズ直し時に地金の硬さに差があって困りますが・・・。 (2003.06.28)
 金性が違うと硬さも違ってきます。
14金と18金と22金とでは、普通14金が硬いです。
プラチナ850と900と1000では、850が硬いです。

 間に挿む地金は別種の地金を使わないよう気をつける必要があります。
合金の混合比率が違うと 同じ金性でも色や性質が違ってきます。

 普通は純度が高くなるほど金属は柔らかくなります。
また、加工硬化させることによって硬くなっていた地金は、火を当てると柔らかく戻ります。

 ただ、ハードプラチナと謳って 地金が硬くなるよう微量のチタン(?)やイリジウム(?)などを混ぜてある場合は、プラチナ1000と表記されていても硬いです。

 ごく微量の混ぜ物の成分によっては ロウ付けが全くできない貴金属のジュエリーもあります。
 ピンクゴールドなどはちょっと困り者です。
地金に延展性がなく折れるから困る場合と、ロウの種類が少なくて困る場合があります。
 ホワイトゴールドも同様です。

 地金の生まれ方によっても硬さに違いがあります。
吹いて あけ型に流して 金床で叩き締めた地金と、キャストで流し込んで形作った地金と、粉末地金を練って焼き固めた地金とは、組織がまったく違う金属になっています。
 『K18』と 同じ刻印をされていても、杵つき餅と 羊羹と クッキーくらいの違いがあります。手打うどんと ラーメンと 蕎麦 のような違いかもしれません。

 手づくり指輪には 叩き締めた緻密な地金を、キャスト製品の指輪には 流し込んでできた同じ組織の地金を使えば良いと思います。

少し専門技術ページ先頭へ

“ ス ”って 何ですか?          (2001.06)
 きゅうりや大根に できる(入っている)“ ス ”と同じ様な感じです。
 本来、K18やPt900の地金で満たされていなければならない部分が、空洞になってしまっている状態を “ス が入っている” と言います。たとえば、指輪の腕の一部分に ポッコリと小さな穴があいていたり、スポンジの様な ざらざら・ザクザクした地金になってしまったり、というような状態です。

 1.300度や2.000度位の高温で溶けた地金が、室温にまで下がる途中、固まる時に起こります。地金の外側表面が先に固まってしまった場合、後から固まる中心部分の体積が収縮して 地金の中に隙間ができてしまいます。
空気を巻き込んでしまったり、発生したガスが抜けきらなかったり、などの原因でもできます。

 “ ス ”が 地金の表面に 初めから出ていればわかりますが、中のほうにあった場合は 金鎚で叩き締めたり、ヤスリで削ったり、のこぎりで切ったするまでは気付かないことがあります。 地金に“ ス ”ができないように誰もが注意を払っています。

少し専門技術ページ先頭へ

鋳造・鋳金 (・鍛金・彫金) ”って 何ですか?          (2002.05.28)
 金属の 加工技術/加工方法 の ことです。

 鋳金(ちゅうきん)は、溶かした地金を 型に流し込んで形作る方法です。出来上がった品物は、鋳造品(ちゅうぞうひん)・キャスト品・鋳物(いもの)です。大ざっぱに言うと “ 鯛焼き ” の ような感じです。
 鍛金(たんきん)は、金鎚などで地金を叩いて加工することです。出来上がった品物は 鍛造品(たんぞうひん)です。機械ですると、“ プレス ” と いうことになります。
 彫金(ちょうきん)は、鍛金や鋳金で出来上がった品物の表面に、鏨(タガネ)で加飾することです。木の板に彫ると 鎌倉彫り のような感じです。

 現在では、彫金すること = ジュエリーメイキング と 理解している方もかなりあります。
 彫金はタガネで金属を彫ることですから、彫金の技術でジュエリーをつくることもできます、と言ったほうが正確な表現です。鋳金の技術で ジュエリーをつくることもできますし、鍛金の技術で ジュエリーをつくることもできます。

 ジュエリーメイキングは、鑢(ヤスリ)・鋸(ノコギリ)・ロウ付けの三つの技術を 基本からマスターして始まります。昔風の言葉で言いますと 錺(かざり)職人の仕事です。直接地金を加工して形づくっていく奥の深い世界です。熟練技術者の少なくなっているのはこの分野です。

 ワックスで形づくり キャスティングしてジュエリーをつくる方法は、ここ20〜30年間に急速に発達してきました。初心者にもジュエリーの形をつくることができます。21世紀の現在、ほとんどのジュエリーがこの方法で制作されています。

 粘土状の純銀などをひねって、乾燥させたあと コンロなどで焼いて固めてジュエリーにする方法は、ここ10年くらいの歴史です。工具機械類がほとんど要りませんので入門にはとてもよいです。

 “ 打ち出し” は、板地金を裏や表から叩いて形成し、打ちタガネを多用します。表面をつくるには一番緻密なことのできる方法です。

少し専門技術ページ先頭へ

“ ロウ付け ”って 何のことですか?          (2001.06)
 金属と金属を 接合する方法のひとつです。

 純金と純金とを付けたい場合、融点の 1063度以上に温度を上げれば、互いに熔けてくっつきますが、元の形が融け崩れてしまいます。
 そのような時、少し融点の低い金地金を間にはさんで、例えば “18金ロウ”を 間にはさんで 900度余りに温度を上げれば “18金ロウ”だけが熔けて、純金本体の形は元のままで 互いにくっつきます。 これが “ ロウ付け ”です。

(補足・・・ 温度の説明のために純金と18金ロウを例にあげていますが、純金と純金を接合したい場合、実際の作業では ロウは全く使用しません。 2004.06.02

 “ロウ”は、本体よりも 融ける温度が少し低い 本体に近い材質の、接着用の金属のことです。

 はんだ付けには、200度前後で融ける“ はんだ ”を使います。

 18金の指輪などには、18金ロウや、16金ロウを使います。できるだけ融点が高くて 流れやすくて スの入らない、製品本体と材質の近い 同じ色のロウを使うと、長持ちしてきれいです。

少し専門技術ページ先頭へ

“ ロウ目 ”って 何のことですか?   (2001.11.3)
 プラチナや18金の接合部分が 筋になって肉眼で見える時、“ ロウ目(め)が出ている ”と言います。
 “ロウ”は、接着用の金属のことですが、色の違う種類のものを使った時や、融点が低いものを使った時、バフの当て方が上手くいっていない時などに 目立つことがあります。
 サイズ直しをした部分に 色の違う細い線が見えたり、あるいは ほんの僅かな細い浅い溝が確認できたりします。

少し専門技術ページ先頭へ

銅と銅を接合するのに、接合面が目立たない方法は?   (2004.1.2)
 『…銅と銅を接合するのに…透明な液体を塗って、銀色の…ものをガスバーナーで溶かしてつけてみたのですが、銅の色合いと…違ってしまいうまくいきませんでした。…接合面が目立たない良い方法があったら教えていただけないでしょうか…』 と、お正月にメールをくださいました。
 かいつまんでお答えさせていただきます。
 接合方法はいくつかありますが、ご自分でしやすいのは、はんだ付け または ロウ付け の二種です。
どちらの場合でも、まず初めに接合面を清浄にしておき、フラックスが必要で、酸化物を除去できるようにします。
 はんだ付けには“はんだ”を、ロウ付けには 普通は“銀ろう”を接合材に使用します。
この場合、色合いを合わせるには“銅ロウ”を使います。“燐銅ロウ”“黄銅ロウ”があります。
( 別の方法として、“溶接”をされると色が近くなりますが、設備や技術などが必要になります。)
 燐銅ロウでロウ付け後、仕上げの段階で 表面に硫化物・酸化物を析出させて色を整えることをされてはいかがでしょうか。

少し専門技術ページ先頭へ

“ 白金 ” って 何のことですか?
 「ゴールド」 は 『 金 』 のことで、『 白金 』 は 「プラチナ」 のことです。
「ホワイトゴールド」 は あえて言えば 『 白色金 』(白い色の金)です。

( 金    = ゴールド     → Au
 白金  = プラチナ      → Pt
 白色金 = ホワイトゴールド → Au+Pd  ) (* Pd=パラジウム)

少し専門技術ページ先頭へ

指輪の「 リングゲージ 」1ゲージの差は何ミリですか?
 基本的には、内周で 約1ミリの違いです。
指輪内側の直径で 三分の一ミリ(1/3ミリ)の違いです。

( 直径13ミリが1号で、4号が直径14ミリ、7号が直径15ミリです。
 円周率 π 3.141592…で 掛けたり割ったりしますので中途半端な数字が出てきます。)

 指輪のサイズの呼び方や規格は国によっていろいろです。
日本では、規格の違いで「号」と言ったり「番」と言ったりしています。

 ( 余談ですが、「サイズ10号」と「サイズ15」は間違いやすいですので、その時だけ特に気を付けて「10番」「15号」などと意識して言葉にします。)

少し専門技術ページ先頭へ






タガネで緻密に創作 ハンマーワーク
面白いことが好き
新しいことが好き
変わったものが好き
手づくりが好き

彫金作家の工房
人が創ることがいい
ひとつだけ創ることが好き
自分だけのものがいい
プラチナ・金地金買取
ジュエリー 岡田彫金工房
〒670-0094 兵庫県姫路市新在家中の町17-22 Phone/Fax: 079-294-2313
Copyright© Web_Jewelry_OKD 2000-2017 All Rights Reserved