ネックチェーンのロウ付け

18金のベネチアンチェーンの丸カンが外れたので、つなぎ直してロウ付け修理するご依頼を頂いています。

一番基本的な修理作業ですが、かなり好みの加工です。

ジュエリーのチェーンをロウ付け作業することは、わずかな隙間や位置のズレを肉眼で見分ける繊細さが必要で、ロウの大きさの選定やロウを置く最適な位置選びや、炎を当てる場所や昇温のタイミングを把握することが大切です。炎の強さや大きさや、ロウの流れる方向の調節や炎を外すタイミングの選択などを正確に行い、0.05ミリの狂いもなくロウを融かし流してきれいにジュエリーを接合加工できると最高の仕事をしたことになります。

チェーン切れの修理加工が完了しました。

チェーンネックレス全体の照り出し加工サービスを施しましたので、ピカピカに輝きを取り戻しています。

( 混同されたお話しを伺う場面もございますが、200度位と低い融点のハンダで行う「半田付け」はまた別の範疇の技術やハンダゴテなどの道具が必要で、銀ロウやプラチナロウをトーチの炎を使って600度位以上の温度で融かし行う「ロウ付け」とは全く別のものです。)