雫形ピアス制作

プラチナ製ダイヤモンドピアスデザイン画

6本爪のダイヤモンドピアスを雫形のピアスにリメイクするご依頼を頂いています。

お客様のデザイン画を元に、出来上がりイメージを立体的に描きました。

ただ今制作中です。

18金をコイン状に加工

18金リングを熔解して板地金に
K18板地金を金鎚で叩いて丸く加工

四角く鋳込んだ18金地金を、金鎚で叩いて丸くしました。

赤い矢印の箇所のようにバリが出てしまうと、このまま叩いても紙のように薄くなって、あとで剥がれて窪みになってしまいますので、これは削り取ります。

(このように、本体からヤスリで削り去るしか方法がなくなって、少量の粉になってしまうものなどが「ヘリ」になります)

あとは表面と裏面と平坦に加工して、縁を磨きます。

アレキサンドライトリングお買い上げ

戸外と室内で色が変わります

天然アレキサンドライト。
プラチナ製で周囲に天然ダイヤモンドがセッティングされたリングです。

太陽の自然光の時は青く、電灯の人工光の時は赤く輝きます。

お買い上げくださり誠に有難うございました。

純金を熔解しました

ペーパー状の純金を融かして塊りに
バーナーで熔解

前処理した純金をルツボに入れてフラックスを乗せ、ガスバーナーで熔解しました。

融けきって丸餅状になった純金からガスバーナーを外して、しばらく待つと温度が下がって固まります。

ルツボに接していた裏側からはガスが抜け切らなくて、満月のクレーターのようになっています。これを綺麗な平らに融かし加工してから板地金に鍛金加工していきます。