折れる金地金

お客様のK18イエローゴールドリングをお預かりして、サイズを大きくするご依頼を頂きましたが、トーチの炎を当てて昇温すると、金地金がピシリと音を立てて折れ飛びました。

2度目は、ロウ付け自体は上手く出来ましたが、他の箇所にヒビが入ってしまいました。

このようなケースには滅多に出会わないのですが、地金の中に力が掛かっている状態で赤く炙ると、割れる性質の金地金のようです。

最終的には綺麗にロウ付け加工ができ、サイズ直しを完了することができました。