オパールを追加加工

パールブローチにオパールを入れるご依頼を頂いていました。

先に真珠を外してから、次にオパールを埋めこむ枠を加工している時の画像です。

このあとは矩形の板に楕円形の縁をロウ付けして、板をドーナツ形に切り抜きました。

4/30 臨時休業します

【 お知らせ 】

4月30日( 火 )は、臨時でお休みさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

象牙ネックレスお仕立て直し

象牙のネックレス。とても大きな珠で作ってあります。糸が切れて使えないので、お仕立て直しのご依頼を頂きました。

直径が17ミリ以上あって、クラスプ部分も精巧に出来ています。

象牙表面の汚れを綺麗に洗い流してから、乾燥させて糸仕立てにしました。

ご注文くださり誠にありがとうございます。

リメイク ブラックオパール

素晴らしいブラックオパールのリング。ペンダントトップにリメイクするご依頼を頂きました。

プラチナでご希望のデザインにハンドメイドして、綺麗に完成しています。

太いチェーンもご用意させて頂き、バランス良いペンダントネックレスに。

リングから外した美しいハートカットやラウンドブリリアントカットのダイヤモンドは、一旦ご返却いたしました。また素敵なジュエリーに創作できます。

ご注文くださり誠にありがとうございます。

珊瑚のブレスレット

海外旅行時にクラスプを外す必要があり、サンゴ本体だけになってしまったので、金具をなんとか出来ませんか、とご相談を頂きました。

珊瑚と幅が同じロジウム加工をしたK18クラスプをご用意させていただき、手首から落ちないようにチェーンを取り付けています。

喜んで頂けて安心しました。ご依頼くださり誠にありがとうございました。

アレキサンドライトのリング

プラチナで創られたアレキサンドライトの指輪です。

矩形にカットされた美しい宝石は、自然光下では青く、夜の電灯光の中では紫色に、色変わりもしっかりとした素晴らしいジュエリーに出来上がっています。

周囲を取り巻くダイヤモンドもお洒落なカットです。

お買い上げくださり誠にありがうございました。

プラチナ熔解動画

お預かりしたプラチナ900地金を融かしました。

https://jewelry-okada.com/wp-content/uploads/2019/04/51709c37-dd63-47de-affc-6f9d6ee87aba.mov

目方は6グラムほど。純プラチナの融点は1768度です。プロパンガスと酸素を使いました。

60秒の動画の中間をスピードアップして、19秒に縮めてあります。

融け始めると火花が盛んに飛び出ています。ちょっと良くない地金です。それが確認できる熔解テストになりました。

エメラルドの石留め

オーバルファセットカットのエメラルドが1個外れ落ちて無くなってしまったので、お直しできますかとご相談を頂きました。

同じ色で同じ大きさで同じカットで同じ品質のエメラルドはなかなか見つかりません。

割れやすい宝石ですし、加工硬化しているホワイトゴールドの爪を起こすことも難しいですし、火で炙ってロウ付けし温度を上げることも困難なようで、かなり難易度の高い仕事です。

お断りしないで修理加工をお受けしました。

結局、端のエメラルドを外して、落ちたスペースに持ってきて、タガネで叩いて石を入れ、新しい宝石を端に石留めしました。

そのままでは板爪になる地金が不足していましたので、最終的には一番端の爪を工夫して、追加地金をホワイトロウでロウ付けしています。

左上から右下へ、順番に写真を撮ってみました。

ダイヤモンドペンダントのレーザー溶接

ブラックダイヤのネックレスをクロスペンダントに通すことができないので、ご相談にご来店くださいました。

拝見しますと、ブラックダイヤネックレスがペンダントのチェーン穴よりも太過ぎて、確かに入りません。

D形の金具を本体裏に取り付けるよりも、右下の画像のようにレーザーでバチカンを取り付けることにしました。

丸カンのレーザー溶接と本体の黒メッキなどの加工が済んで、綺麗に出来上がりました。

お客様にとても喜んで頂けました。