オーダーメイド甲丸リング

甲丸タイプのラウンドリングを3種類のサイズでご注文頂きました。

地金をルツボで熔解後、鍛造加工し、着け心地の良いように内甲丸に加工して、光沢仕上げでサイズぴったりに綺麗に完成致しました。

一般的によくある切削品やキャスト品ではなく、オーダーメイドですので鍛金加工で叩き締めて特別にハンドメイドしています。しっかりと硬く仕上がっています。

ペンダントのチェーンを太く

お客様のK18イエローゴールドチェーンを太くするご依頼を頂いていました。

ペアシェイプ形のペンダントトップには、細いチェーンが通るスペースしかありませんでしたので、ご用意させて頂いたチェーンに合わせて穴を大きくして、ダイヤモンドが中心にぶら下がる金具をロウ付けしました。

上の画像は制作途中に撮りました。

バランス良く美しく完成しています。

真珠ロングネックレスお仕立て直し

120センチのあこや真珠ネックレス。糸が伸びて1センチ位の隙間が出来てきているので、切れないうちにお仕立て直しにご持参くださいました。

巻きの良い綺麗な8ミリのラウンドパールです。

安心してお使いいただけるように、途中を何箇所か括って丈夫になるようお仕立ていたしました。

ご依頼くださり誠にありがとうございました。

タヒチ真珠が変身

とても大きなタヒチ真珠のペンダントを、本体デザインそのままにブローチにリメイクいたしました。

チェーンの通る部分を真っ直ぐに伸ばして、そのままでは角が尖って痛いですので、バランス良く端にアクセントを付けました。

ブローチ金具は鉄砲タイプですので外れることはありませんが、シリコーンのセーフティもお付けしました。

全体をロジウムコーティングでプラチナ仕上げしましたので、綺麗に輝いています。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

あこやベビーパールを長く

ベビーパールネックレスが少し短いのでと、長くするご相談にお越しくださいました。

大きさと色がなかなか揃わなかったので、とのお話を伺いましたので、ソロバン形のシリコーンをすべての間に一個ずつ入れてワイヤーでお仕立てすることをご提案いたしました。

ちょうど良い長さにお仕立てが出来上がりましたので、無事納品が完了したしました。

5倍速熔解動画

https://jewelry-okada.com/wp-content/uploads/2019/06/70994338-dd3d-4bb7-bceb-e7a42994543e.mov

ラミネート加工された金地金のプラスチック被膜が剥がれないので、とりあえず全体をトーチ熔解した時の様子です。5倍くらいに時間を縮めています。

煤がもくもく舞い上がって、服の上にも机の上にも床にもたくさん積もってきます。擦ると黒く拡がって汚れます。

燃やしきると、金地金はルツボの中に丸くバラバラに固まりました。

これを集め、新しいルツボで融かし、炭素棒でかき混ぜて良い地金にはなりました。

一番大変だったのはススが出ることで、戸外で燃やすことで対応しました。

王水処理しようかとも思いましたが、余計に大変なのでこのごろはやりません。

この後、金地金を全部使ってご注文品を制作し、無事納品が完了しました。

タンザナイトリメイク

K18イエローゴールドのタンザナイトリングを、プラチナでオリジナルデザインにリメイクするご依頼を頂いています。

すでに新デザインも決まって制作の初期段階には入っています。

他のご依頼品との兼ね合いで少しお待ちいただいていますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ご注文くださり誠にありがとうございます。

シルバーのシェルカメオリング完成

黒く燻したシルバーリングを、アンティークっぽい適度な黒さに調節して、完成しました。

ブローチ金具の付いていた個所やリングの角は、滑らかに丸く加工して指当たりが柔らかなように加工も出来ています。

オールノットでお仕立て

ネックレス金具の突き刺す側が無くなって、糸が切れていましたので、お直しのご依頼を頂きました。( これは完成画像です。)

まずは新しい金具と、黒く丈夫な太い糸を用意します。

全長42センチのご指定ですので、全体の配分を考えて、珠と珠の隙間を3ミリに決めました。

0.3ミリずつ隙間が広くても結果として1センチほど長く仕上がってしまいますので、糸をくくる時に細心の注意が必要です。寸法が違ってしまうと、一粒一粒の糸を切って珠をばらし、また新しい糸を用意して、また一粒ずつくくり直しになります。

丁寧にひとつひとつ糸を通し、しっかりと括っていき、全長42センチで完了しました。

本日納品させて頂きました。

ご注文くださり誠に有難うございました。