1ctダイヤモンドブレスレット

蝶番部分の加工。拡大してみました。

ダイヤモンドは約2ミリで、隣同士の隙間はほとんど無いのですが、ギュッと広げてみると0.5ミリくらいのスペースができます。

赤丸印しのように、パイプ部分を隣の棒に引っ掛けます。

緑丸は、すでにロウ付けが終わった画像です。

0.5ミリの隙間で0.2ミリくらいの範囲にロウを融かし流して、パイプと棒が固着しないように、閉じたパイプだけを上手くロウ付けします。

スムーズに動いて大成功の仕上がりです。照り出し磨き仕上げを施して完成しました。

ネックレスチェーンの引輪金具を

シルバーの太いめのネックレス。

洗濯機の脱水槽に落ち、グルグル回って丸カンが外れ、引輪金具も無くなってしまいました。

修理のご依頼をいただきましたので、着けやすい大きい引輪金具をご用意して、丸カンもロウ付けしました。今度は大丈夫、と思います。もう落ちないように願っています。

ダイヤモンドリングをメンテナンス

プラチナのダイヤモンドリングをお預かりいたしました。

早い目に指輪サイズを大きくして美しく輝くようにメンテナンスをいたします。ピカピカになります。

ご依頼くださりありがとうございます。

サイドにピンクダイヤ

以前お買い上げ頂いていましたプラチナのダイヤモンドリング。サイズを大きくお直しする加工を承りました。

両肩で淡いピンクのダイヤモンドが輝いて、センターのダイヤモンドを引き立てている素敵なデザインのリング。

照り出し加工も完了し、美しさが100パーセントになりました。

( 右下は、リングサイズを大きくしてから、ヤスリ加工を始めた時の途中画像です。)

ダイヤモンドブレスレットをリペア

プラチナのダイヤモンドブレスレットが矢印のところで切れています。

元のダイヤモンドはひとつ落ちて無くなっていますが、そこのところは諦めていただくしかなく、隣のパーツ同士がスムーズに動くようにお直し加工するご注文を承りました。

ダイヤモンドの石座は2ミリの直径で、蝶番の部分はもっと小さいですので慎重に加工致します。

全部で1カラットのダイヤモンドが並んでいますので壮観ですね。

完成まで今しばらくお待ちくださいませ。