タヒチ真珠をダイヤモンドの入ったリングに

タヒチ真珠とダイヤモンドの入ったリング 右へ矢印 タヒチ真珠リング

お手持ちの大きなタヒチ真珠をダイヤモンドの入ったリングにきれいに入れて、指輪として楽しめるようにご注文を頂きました。

指輪枠と黒真珠下部の形がきれいに合うようにカーブを整え、WG芯の長さと真珠の片穴とを調整して、しっかりとセッティングいたしました。

(この画像は、スマートフォンで撮影しました。)

ジュエリー メンテナンス / リフォーム 岡田彫金工房



 

丸い形の中空ピアスをメンテナンス

K18丸い形の中空ピアス 右へ矢印 K18ポストをロウ付け

お客様が丸い形の中空ピアスが着けにくくなってご相談をくださいました。
曲がったポストではなく真っすぐな金具に交換することになりました。

まず、パイプの反対側に、耳の後ろで曲がったポストの端を入れる必要が無くなるように加工します。

うまくできましたので、フープ部分を数ミリ短くカットして真っ直ぐなポストをロウ付けしました。

K18イエローゴールドピアスの全体には熱を回しませんので、本体が柔らかくなって使用中に曲がってしまうということはありません。

キャッチで耳に止めるタイプになりましたのでご自分で着けやすくなり喜んでいただけました。

リフォームジュエリー/リメイク 岡田彫金工房



 

ダイヤモンドペンダント先のバランス修正

ダイヤモンドペンダントのバランスが悪いのでなんとかなりませんか?とお客様がお手持ちデザインペンダントをご持参くださいました。

ダイヤモンドペンダント

ダイヤが少し下向き加減になりますので、鎖の位置を調整してみましたが、うまくいきません。

宝石をプラチナ枠から外して再加工しようとしますと、丸線やパーツをくっつけた手づくり品でしたので、古くなったロウ付け箇所の多くがバラバラ外れて修理を進めるにはかなりのご予算オーバーになります。

ダイヤモンドペンダント

結局、セミオーダーのかたちで右上の新しいデザイン枠にダイヤモンドを石留めすることが最善策と決まりました。
元は線爪のデザインでしたが、新しいデザインの枠は下の黒いヤニに埋めて彫り留めして、バチカン付きのペンダントにリフォームいたします。

ダイヤモンドペンダント

プラチナ地金が見えないくらいにダイヤモンドがぎっしり詰まったきれいなペンダントトップになりました。

バチカンが付いていますのでダイヤモンドが下向きにならず、当初の目的も達成でき、また新しいデザインで気分も一新され、喜んでいただけました。

リフォームジュエリー/リメイク 岡田彫金工房