加工途中のコンビリング

右上に置いたプラチナパーツ

内側が18金で外側がプラチナのリングです。

指輪サイズを大きくするご依頼を頂きましたので、加工途中の写真を撮っています。

糸ノコで切り広げた指輪の内側に挟んだ18金地金のロウ付けが済み、次は外側用に作ったプラチナ地金のパーツをロウ付けします。

これは小さなプラチナをリングの右上に置いて様子見をしているところです。

ゴールドとプラチナが貼り合わさったリングは、熱膨張率の違うバイメタル状態ですので、ロウ付け時に指輪の温度を上げると金属が変に伸びて勝手に曲がってしまい、予定位置でロウ付けすることが非常に困難です。

この指輪のサイズ直しは出来ない、と技術者から断られることの多い種類の特別な加工作業をしています。

タガネで彫金

金属表面に模様を彫る時は、基本的にはタガネを使用します。

刃先が摩耗してくると砥石で研ぎます。包丁や彫刻刀と同じですね。

右側のタガネはとても硬いハイス鋼で自作した、先端幅が0.4ミリの毛彫タガネです。

このような細いタガネになってきますと、砥石に当てて2往復も動かすと削り過ぎになってしまうことがよくあります。細心の注意を払って研ぎます。

ヘラ加工でキズ消し

k18リング ヘラ加工で凹みキズを埋めました

K18イエローゴールドの凹キズを消すためにヘラによる加工だけでキズを無くしました。

ヤスリで指輪自体を削り取ることをしないで、ヘラで表面を擦ることによって地金を移動させ、凹キズを埋めています。

かなり時間がかかりましたが、上手く加工できました。

画像では指輪はまだ輝いていませんが、このあとは表面光沢仕上げなどの段階に入ります。

折れる金地金

お客様のK18イエローゴールドリングをお預かりして、サイズを大きくするご依頼を頂きましたが、トーチの炎を当てて昇温すると、金地金がピシリと音を立てて折れ飛びました。

2度目は、ロウ付け自体は上手く出来ましたが、他の箇所にヒビが入ってしまいました。

このようなケースには滅多に出会わないのですが、地金の中に力が掛かっている状態で赤く炙ると、割れる性質の金地金のようです。

最終的には綺麗にロウ付け加工ができ、サイズ直しを完了することができました。

 

#指輪 #地金 #折れる #ロウ付け #サイズ直し

5倍速熔解動画

https://jewelry-okada.com/wp-content/uploads/2019/06/70994338-dd3d-4bb7-bceb-e7a42994543e.mov

ラミネート加工された金地金のプラスチック被膜が剥がれないので、とりあえず全体をトーチ熔解した時の様子です。5倍くらいに時間を縮めています。

煤がもくもく舞い上がって、服の上にも机の上にも床にもたくさん積もってきます。擦ると黒く拡がって汚れます。

燃やしきると、金地金はルツボの中に丸くバラバラに固まりました。

これを集め、新しいルツボで融かし、炭素棒でかき混ぜて良い地金にはなりました。

一番大変だったのはススが出ることで、戸外で燃やすことで対応しました。

王水処理しようかとも思いましたが、余計に大変なのでこのごろはやりません。

この後、金地金を全部使ってご注文品を制作し、無事納品が完了しました。