Vリングをストレートに

スリーカラーのV字形ゴールドリングです。イエローとホワイトとピンクの3本の間に隙間があるために、髪が引っ掛かります。いっそのこと真っすぐにして隙間を無くすことができますか、と、ご相談をいただきました。

V形の板地金を I のように曲げることは難しいのですが加工をお受けしました。

まずはVの真ん中でカットして、一番長いリングを真っすぐにし、ロウ付けします。

それに沿わせて他の2本も真っすぐに加工していきます。

3本共平行になれば色違いの隣同士をロウ付けします。イエローゴールドロウとホワイトゴールドロウとピンクゴールドロウを使い分けますが、どうしても混ざってしまうのは仕方ないです。

三色の板にできれば、予定のサイズに調節してロウ付けします。

あとはていねいに仕上げ加工を施していき、完成させました。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ボールチェーン切れ

ホワイトゴールドのボールチェーンが切れたので、と修理にお持ちくださいました。

拝見しますと、1本の軸がボールから抜けています。

これを上手にロウ付けするご依頼です。

棒の太さは0.2ミリくらいです。

これをていねいにボールに差し込んで、抜けないように口を閉じ、フラックスを塗って、微細なロウを置き、トーチの炎を当てて、軸とボールをロウ付けで固定します。

軸の片側だけとボールの片側だけを融かし付けることができました。

ガラス化したフラックスと酸化被膜が表面についていますので、きれいに磨いて洗浄します。

ピカピカに仕上がりましたので、ロジウムコーティングを施して、完了です。

チェーンの太さは1.0ミリ位です。ボールとボールは固着してはいませんので、全体が違和感なくスムーズに動きます。

ベストのお直しができましたので、喜んで頂けると思います。

ご注文くださり誠にありがとうございます。

( 同時に作業したベネチアンネックレスと幅の数字が入れ替わっていました。訂正しています。失礼致しました。)

0.2ミリのチェーンロウ付け

シルバーのアズキネックレスが一か所切れたので、と、お直しを承りました。

写真は、修理個所の一コマをピンセットで挟んでロウ付け用のロウを一個置いたところからです。

左は、チェーンにフラックスを塗って、0.2ミリ角の銀ロウを付けています。

中は、トーチで火を当てて、銀ロウを半融かしにしたところ。四角かった銀ロウが0.2ミリくらいの丸い球になっています。

右は、さらに炎を当てて、シルバーチェーンの切れていた個所にロウを流して、ロウ付けが終わったところです。

チェーン本体が融けてしまわないように微小な所をきれいに修理するには、細心の注意を払って神経を集中させます。

ルビーをカットしました

お客様からお預かりしたルビーをカボションカットにリカットしました。

ラウンドブリリアントカットのファセットを全部削って、そこから長時間磨いて、つるんとした丸い感じの光沢の美しいルビーに出来上がりました。

硬度7の水晶は工房内で磨く機会がよくあるのですが、硬度9のルビーは稀です。

この後の加工作業は、直径を微妙に調節して、嵌め込めることを確認し完成とします。

アメシストの穴を大きく

大きなアメシストの丸玉です。

ネックレス用のワイヤーを4本通しますので、手仕事で穴の大きさを拡げました。

これで大丈夫です。

シャトンができました

直径6ミリのプラチナシャトンの形が出来上がりました。

キャスティング後は、ほとんどの工程がヤスリ加工です。

この後は磨き加工を施して、リングへの制作加工を進めていきます。

鍛金制作プラチナマリッジリング

ご依頼いただいているマリッジリングを制作中です。

金鎚でプラチナを叩き伸ばして棒状にしたものを、二等分して、丸く曲げてから熔かしつけた段階です。

ロウ付けではなく、本体のプラチナを熔かして接合しています。

この後は切削と鍛造と研磨と石留などの工程に入ります。

美しく丈夫で長持ちのする素敵なリングになります。お楽しみに。

ご注文くださりありがとうございます。

切れたチェーンを

何かに引っかかって切れたプラチナネックレス。伸びてしまったコマは取り去って修理します。

チェーンの幅は0.9ミリほど。線の太さは0.2ミリくらい。

ダブルキヘイの編み方をしてあるので、2か所のロウ付けが必要になります。

まずはロウ目の位置で2コマをカット。

繋いで口を閉じていきます。(赤い色で位置が分かるように。)

この後はロウ付け加工していきます。

太さ0.5ミリのチェーンを修理

0.5ミリ幅の細いベネチアンネックレスが切れて使えないので、ロウ付け修理のご依頼を頂きました。

赤く色を付けたコマに、隣の開いたコマを正確な位置の所に引っ掛けて形を整え、フラックスを塗ってから小さなロウを置きます。この時は0.6×0.4×0.2ミリ位の寸法のプラチナロウを使いました。

トーチの炎を当てて昇温し、狙った位置にロウを融かし流して固め、酸洗いを済ませてロウ付け工程は完了です。

この後、磨き仕上げをして、洗浄と乾燥を済ませると出来上がりです。

修理箇所が分からないように、きれいな仕事ができました。

レール留めのリングを大きく

お預かりしたプラチナ地金のリングは、周囲の8割位にびっしりとダイヤモンドが並んでいます。

ダイヤモンドのガードル同士が接触している箇所が多いので、5ゲージ位アップすると隣のダイヤモンドが押し合いをして割れる可能性が高いのでちょっと難しいサイズ直しです。

融点が高いプラチナをロウ付けすることも、傍のダイヤモンドに熱が回らないようにしないといけません。

ダイヤモンドが割れないように、楕円形にならないように工夫して、間にプラチナ地金を挟み、無事ロウ付け加工ができた段階の画像です。

真円にきれいにサイズお直しができましたので、納品も無事完了いたしました。