指輪サイズお直し

サイズお直しがきれいにできあがりました。

いつものように指輪全体の照り出し磨きサービスをしています。

納品も終わっています。

太さ0.5ミリのチェーンを修理

0.5ミリ幅の細いベネチアンネックレスが切れて使えないので、ロウ付け修理のご依頼を頂きました。

赤く色を付けたコマに、隣の開いたコマを正確な位置の所に引っ掛けて形を整え、フラックスを塗ってから小さなロウを置きます。この時は0.6×0.4×0.2ミリ位の寸法のプラチナロウを使いました。

トーチの炎を当てて昇温し、狙った位置にロウを融かし流して固め、酸洗いを済ませてロウ付け工程は完了です。

この後、磨き仕上げをして、洗浄と乾燥を済ませると出来上がりです。

修理箇所が分からないように、きれいな仕事ができました。

ダイヤモンド石留め

ネックレスのダイヤモンドが1ピース外れていたので、石座にはめ込んで、爪を倒して動かないように留めました。

動くようにロウ付け

きれいに整列していたダイヤモンドパーツの一か所が切れてこのままでは使えません。ロウ付け修理の出番です。

均等な間隔になるように丸カンを曲げ、形作ってからロウ付け準備を整えて、隣のパーツにまでロウが流れないようにうまく温度調節をしながらトーチでロウ付けしました。

完了です。

ダイヤモンドネックレスのロウ付け

プラチナのダイヤモンドネックレス。止め金具の板バネの押さえる部分が取れてしまっているので、お直し加工のご依頼を頂いていました。

パーツを正確な位置にロウ付けしてから、汚れ落としなどの仕上げをします。

板バネはロウ付け時の熱で鈍らないように、バネ性を持たせるように加工しました。

3カラットのダイヤモンドネックレス、素敵ですね。

本日納品完了です。