ボールチェーンのデザインネックレス

K18ボールチェーンデザインネックレス

ずっと以前にお買い上げいただいたデザインネックレスが一か所切れたので、お直しにお預かりしていました。

イエローゴールドの赤い丸印あたりがロウ付けか所です。
隣同士のボールとボールをロウ付けしてつなぎました。

昔はボールの直径が1.5ミリとか1.2ミリが普通でしたが、最近は0.8ミリとか0.7ミリとかの大きさが
一般的になっています。

ボールチェーンのロウ付け修理の方法はいくつかあります。

ボールの口が開いてしまっている場合や、ボールの穴が大きくなってしまっている場合や、ボールがつぶれている場合や、軸が曲がって抜けている場合や、軸が折れてしまっている場合や、軸が無くなっているなどのケースがあります。

条件がさまざまに違いますので、隣同士のボールを直接ロウ付けする時や、口の開いた片方のボールの口を閉じてからそのボールの口だけをロウ付けして軸は動くようにする時や、軸をはめ込んでから穴を小さく締め付けることで元どおりになるように修理することもあります。

他からもまだ何種類かのボールチェーンのデザインネックレスお直しをお預かりしていますので状態をよく確認してから対処します。

ロウ付けします

切れたチェーン3種

いろいろなチェーンのロウ付け修理のご依頼です。

ボールの棒軸が無い場合はボール同士をくっつけます。

すでに以前にロウ付け修理されていて、何コマかがくっついてしまっているケースのもあります。

ひとつずつの動くパーツの軸地金がすり減って切れているので、軸を制作加工する場合もあります。

どのようなものもきれいに直します。

ダイヤモンドが1個外れて

ダイヤモンド1個外れ 右へ矢印 ルビーを石留め

真ん中のダイヤが…

2連の指輪に並んでいた真ん中のダイヤモンドが1個外れて無くなってしまいましたので、何かの宝石を入れたいというご相談を頂きました。

1本の爪で左右の宝石を支えるデザインですので、ちょうど手元にある直径がぴったり合うサイズの3種類の宝石、ダイヤモンドとルビーとブルーサファイアから、ルビーを1ピース選んでいただきました。

直径と厚みの合うルビーがきれいにセッティングできました。

ホワイトゴールドの指輪枠は、新品仕上げをしてロジウムメッキ(プラチナ仕上げ)を施しました。

ワンポイントの赤が映えてとてもきれいです。

ジュエリー メンテナンス / リフォーム 岡田彫金工房



 

バチカン金具サイズを大きく

 

シルバーペンダント 右へ矢印 シルバーペンダントバチカンを大きく

シルバーペンダントのバチカン金具サイズが少し小さくて、チョーカーネックレスに通せないので大きく加工するご注文をいただきました。

大き過ぎるのもバランスが良くないですので、ちょうどぴったりサイズでスムーズに通る大きさに制作しなおしました。

これで大丈夫です。

ジュエリー メンテナンス / リフォーム 岡田彫金工房



 

ブラックサファイア交換

シルバーのペンダントに入ったブラックサファイアを、シルバーリングに入ったブラックパールの母貝と入れ替えるご注文をいただきました。

宝石を交換

ペンダントはブラックサファイア、リングはブラックマザーパール、寸法はほぼ同じで 8×10です。

ブラックマザーパールペンダントネックレス

スコーピオンの尻尾がサファイアの上に曲がり乗っていますので、ひとまず曲げ伸ばしてから裏に直径0.7ミリの穴を開けて押し出して外し、リングから取り外したオーバル形のブラックマザーパールをはめ込みました。

シルバー丸カンをロウ付け

シルバーチェーンの丸環(マルカン)が閉じてありませんので、ロウ付けして開かないようにいたしました。

ジュエリー メンテナンス / リフォーム 岡田彫金工房