Pt1000リングを

プラチナ1000の刻印のあるダイヤモンドリングをお預かり致しました。リングサイズを数ゲージ大きくするご依頼です。

柔らかいはずの純プラチナ地金はお預かりした時点では硬い状態です。加工硬化させてあって硬いのか、それとも微量の合金になっていて硬いのか、判断できませんでした。

過去に、炎を当てるとヒビが拡がる地金や、曲がらない地金や、曲げると折れる地金や、ロウが流れずロウ付けが不可能な地金を経験していますので、その可能性がゼロでは無いことをお伝えして、その結果GOサインを頂きましたので、お預かりしました。

本日、無事綺麗にサイズを大きく加工することが出来ました。

あとはヘラ加工でヤスリ傷を潰して、バフ磨きを施す工程などが残っています。

もうしばらくお時間をくださいね。

ホワイトゴールド子持ちネックレス

電気に触れて溶け切れてしまったITALY製の子持ちネックレス。繋ぐ修理のご依頼を頂きました。

溶けて黒く潰れてしまったコマは外して、形の良いコマ同士を引っ掛けて、スムーズに動くようにロウ付け加工しました。

あとはトーチの炎で黒くなった部分の色を処理して綺麗にし、最後にロジウムコーティングのプラチナ仕上げをして色を同じ様にします。

ルビーの指輪を

K18イエローゴールドのルビーリングのサイズを大きくするご依頼を頂いています。

指輪下部の一か所をカットして隙間を広げ、必要なK18イエローゴールド地金を用意して、間に挟んでロウ付けし、サイズぴったりに加工してから全体を綺麗に仕上げます。

右下画像のリング下部が黒くなっているのは、炎で炙ってすでにロウ付け箇所があるかどうかを確認したためです。

これは後からの酸処理で綺麗な色にします。

ゴールドチェーンのロウ付け

幅0.8ミリのK18イエローゴールドベネチアンネックレスです。

アジャスタの所でチェーンがきれたのでロウ付けしてください、とご依頼を頂きました。

アジャスタの丸カンがスムーズに動くように、注意深くロウ付けしました。

この後は、磨いて全体を綺麗に輝かせます。

プラチナリングのサイズを大きく

リングサイズを5ゲージ近く大きく致しました。

指の腹側位置でプラチナリングを一旦カットして、間にちょうど良い寸法のプラチナ地金を挟んで熔かし付けます。

最終的には、ご依頼頂いたサイズで丸くなるように綺麗に加工して完成です。

ピンクの宝石も美しいですね。

ご注文くださり誠にありがとうございます。