南洋真珠ピアス

フックピアスの金具が片方無くなってしまったので、使えるようにしてください、とのご依頼を頂きました。

同じタイプの材質でワンセットをご用意して、Tピンを南洋真珠の穴に通して端を丸め、ブラブラ揺れるように制作しました。

大粒の真珠が素敵ですね。

イニシャルピアスを片方制作

ダイヤモンドピアスの片方が無くなってしまったので、同じように制作してほしい、というご依頼をお客様から頂きました。

お名前の頭文字で気に入られてとても大切にされていたお品です。
左上画像のようにキャッチ部分だけが残っています。

ブルーのハードワックスで同じ寸法に制作することにしました。

下部は、ワックスを金属にキャスティングできた時の画像です。

ホワイトゴールドピアス加工

1辺の寸法は7ミリに作っています。

加工工程の7割あたりまできましたので、あとは石座を作っていくことや、ポストの取り付けや石留めを行います。

その後、磨き仕上げやロジウム加工が待っています。

イニシャルピアス制作

ポストのロウ付けも完了し、ダイヤモンドも入って、9割方完成に近づいた時の画像です。

このあと最終仕上げを施してぴかぴかにし、お客様に納品させていただきました。

とても喜んでくださいました。

ご依頼くださりありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

ブルーサファイアイヤリングとして

ダイヤモンド取り巻きのプラチナブルーサファイアイヤリングの片方が壊れてしまいお困りで、お直しのご相談を頂きました。

プラチナのイヤリング金具が無くなっていましたので、同じタイプをご用意させていただき、ロウ付け加工いたしました。

ブルーサファイアイヤリング

まず宝石を外してから、トーチで炙ってプラチナロウを融かし付けます。
向きと角度に注意して位置決めし、しっかりと固着するように合金をつくります。

炎の加工が終わると、元どおりに宝石を止め直し、全体を光沢仕上げして完了です。

イヤリングやピアスなどのセット物は、ワンセットでお預かりしますと仕上がり具合に差がでません。
修理加工ができた方も見本にお預かりした方もピカピカの新品のようになりました。

喜んでいただけました。

ご依頼くださりありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

テーパーダイヤモンドピアス 完成

ホワイトゴールドにテーパーダイヤモンドが入ったピアスです。
片方が無くなってしまったので、同じ感じに作ってワンセットにするご依頼を頂きました。

テーパーダイヤモンドをご用意

片方が無くなってしまったテーパーダイヤモンドのピアスは、いろいろな方法でもう片方を制作することが可能です。

各パーツを作りながらロウ付けしていく、ワックスを彫って形作る、CADで立体制作する、厚い板地金をタガネで彫り崩して彫金技法で作る、などのことも出来ますね。

いくつかの選択肢の中から、鍛造地金を『 十 』に加工して、ダイヤモンドがきれいに収まるように幅と長さを合わせてタガネなどで石座を掘り込む方法を選びました。

テーパーダイヤモンドがご用意できましたので、制作に入ります。

地金を金鎚で叩いたり糸鋸で切ったりタガネで彫ったりする手づくりの彫金技法で制作を進めています。

テーパーダイヤモンドピアス加工

地金にテーパーダイヤが入るようにタガネでミゾをつけて、ドリルで窓をあけて、ダイヤモンドがぴったりと納まるように削り込んで、石とダイヤモンドをすり合わせて様子を見ている段階までの画像です。

同じ形に作って、このあとは全体をきれいに磨いてからピアス金具をロウ付けして、ダイヤモンドの石留め工程に入ります。

テーパーダイヤモンドなどのテーブル面が揃って上を向くように石留めをします。

その後、光沢が最大限になるようにきれいに磨き、最後はロジウムメッキを施すプラチナ仕上げをします。

テーパーダイヤモンドピアス

完成しました。

納品時、一目見て
「 どちらがどちらかわからないですね。同じですね!」と喜んでくださいました。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

ダイヤモンドの周りをメレダイヤモンドで

お買い上げいただいた指輪デザインとほぼ同じような感じにもう1本、立爪ダイヤモンドリングからリメイクいたしました。
ご姉妹で同じ雰囲気のダイヤモンドリングをお着けになられます。
こちらの中石ダイヤモンドは0.7カラット余りあります。

プラチナダイヤモンドリング

ジュエリーを作る時は、時代に合わせて費用と時間とを勘案し最適な方法で制作加工をしていますが、ここではほぼ手の技術で作ったものだけを選んでご紹介しています。

ワックスで指輪の元型を作る方法も日々進化して、初期の蜜蝋からバリエーション豊富に分化し、手作業で蝋を伸ばしたり、道具を使って手で削ったり、パソコンのデータで削ったり、光をあて積層で形を作ったりし、手から機械へ機械からから電子へと制作方法が変遷しています。
今では合成樹脂が必需素材になりました。

ワックスで指輪を制作

このデザインのリングは、ハードワックスを彫って形を作りました。
プラチナにキャストするとほんの少し地金が収縮しますので、制作の初めの段階でその寸法も勘案して少し大きめにつくります。

またこのあとヤスリで削り鋳肌を整えますので、そのための余分の厚さも考えに入れてワックスのリングを作っています。

ハードワックスを手彫りした段階で、リフォームジュエリーのすべての良否が決定されますので、慎重に制作をいたしました。

プラチナにキャスティング後のリング

きれいにキャストできますと、プラチナリングに磨き加工を施します。
指輪が予定の寸法とピッタリ合って出来上がりますと、メレダイヤをきれいに並べて石留めすることができます。

同時に制作加工を承りました他アイテムのお品から外したダイヤモンドと、新たに追加したダイヤモンドを一緒に合わせてこの指輪を制作しています。

プラチナダイヤモンドリング

プラチナで予定していた計算上の目方よりも1割ほど余分に目方が付きましたが、しっかりときれいに完成いたしました。

とても喜んでくださり嬉しいです。

またのご依頼を心からお待ちしております。
いつもありがとうございます。

 

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房