ダイヤモンドの周りをメレダイヤモンドで

お買い上げいただいた指輪デザインとほぼ同じような感じにもう1本、立爪ダイヤモンドリングからリメイクいたしました。
ご姉妹で同じ雰囲気のダイヤモンドリングをお着けになられます。
こちらの中石ダイヤモンドは0.7カラット余りあります。

プラチナダイヤモンドリング

ジュエリーを作る時は、時代に合わせて費用と時間とを勘案し最適な方法で制作加工をしていますが、ここではほぼ手の技術で作ったものだけを選んでご紹介しています。

ワックスで指輪の元型を作る方法も日々進化して、初期の蜜蝋からバリエーション豊富に分化し、手作業で蝋を伸ばしたり、道具を使って手で削ったり、パソコンのデータで削ったり、光をあて積層で形を作ったりし、手から機械へ機械からから電子へと制作方法が変遷しています。
今では合成樹脂が必需素材になりました。

ワックスで指輪を制作

このデザインのリングは、ハードワックスを彫って形を作りました。
プラチナにキャストするとほんの少し地金が収縮しますので、制作の初めの段階でその寸法も勘案して少し大きめにつくります。

またこのあとヤスリで削り鋳肌を整えますので、そのための余分の厚さも考えに入れてワックスのリングを作っています。

ハードワックスを手彫りした段階で、リフォームジュエリーのすべての良否が決定されますので、慎重に制作をいたしました。

プラチナにキャスティング後のリング

きれいにキャストできますと、プラチナリングに磨き加工を施します。
指輪が予定の寸法とピッタリ合って出来上がりますと、メレダイヤをきれいに並べて石留めすることができます。

同時に制作加工を承りました他アイテムのお品から外したダイヤモンドと、新たに追加したダイヤモンドを一緒に合わせてこの指輪を制作しています。

プラチナダイヤモンドリング

プラチナで予定していた計算上の目方よりも1割ほど余分に目方が付きましたが、しっかりときれいに完成いたしました。

とても喜んでくださり嬉しいです。

またのご依頼を心からお待ちしております。
いつもありがとうございます。

 

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房



 

サプライズペンダント

オリジナルデザインのチタンマリッジリングをオーダーくださったお客様から、今回は奥様に内緒でサプライズのオリジナルペンダントをご注文いただきました。

デザインはこの感じというイメージ写真がおありでしたが、宝石の大きさが違いますのでほんの少しだけブルーサファイアのあたりが大きくなります。

サプライズのオリジナルペンダント

チタン素材を鍛造してから1点だけのペンダントに形作り、かなり出来上がってきました。

ほぼお客様ご希望のデザインになった、100パーセントハンドメイドのオリジナルジュエリーです。

あとはもう少し加工してから、ブルー石とダイヤモンドを爪留めして、きれいに磨き上げて完成に持っていきます。

ブルーサファイアチタンペンダント

オリジナルデザインチタンペンダントは、ブルーの宝石とダイヤモンドがピュアチタンとマッチして、美しいジュエリーに出来上がりました。

昨日、奥様とご一緒にご主人が赤ちゃんを抱っこされてご来店くださいました。
とても可愛い男のお子様で、お父さんの腕の中でおくるみに包まれて元気に幸せなご様子でした。

サプライズプレゼントは成功です。

皆さま仲良く楽しいご家庭を築いていかれることと思います。

ご注文くださり誠にありがとうございました。

ジュエリー フルオーダー/リフォーム 岡田彫金工房



 

K18中空イヤリング片方制作

毎日着けておられたイヤリング、ふと気づくといつの間にか耳から外れて片方だけが行方不明に。
気に入っていたので 同じように作って、とのご依頼をいただきました。

片方になってしまったイヤリングの左右対称形のもう片一方を作るご依頼を

K18イエローゴールドで、片方になってしまったイヤリングの、左右対称形のもう片一方を創ります。

揺れる雫形と3本くっついた雲のようなパーツと…。
耳たぶに着けますので、できるだけ軽く。

もともとはプレス加工で作られていたはずの品を、型の無い状態でどのようにして同じものに作り上げるか、というところが課題です。

イヤリングですから、比重の大きいゴールドで分厚く作ってしまうと、耳から外れて落ちてしまうことになります。

0.3ミリの板地金をヤニの上に置いてタガネで打ち出して作ろうか、鉄の塊をタガネで凹形に彫って0.3ミリの板地金を打ち込もうか、K18イエローゴールドの展延性を自分の感覚と相談しながら、その他いろいろ頭の中で模索しました。

K18イエローゴールドぶら下がりタイプイヤリング

効率良く美しく仕上げるために、キャストして作ることにしました。

キャスティングの場合は、薄くても0.7ミリ程度の厚さがないと溶けたゴールドが板状の隙間にうまく流れてくれないので、製品の目方は片側見本品の2倍以上になってしまいます。

その問題を解決するために、鋳造時の金属の縮みしろとゴールドの形を整えるときのヤスリしろを考慮に入れて、ハードワックスの寸法を決めました。
出来上がりの雫形が0.3ミリの厚さで、もう片一方との寸法が同じになるように工夫しました。

K18中空イヤリング制作

右画像の右端が残っている方のイヤリングです。それを見本に左右対称形に左画像のパーツを作りました。

見本品は、たぶんプレス製で厚さが0.1ミリくらいです。
結局、左右対称形の元の片方と目方を比べてみると、だいたい8割り増しのグラム数でできました。キャストのジュエリーを0.2ミリ弱の厚さで制作したことになります。
これ以上薄くするとどこかが破れて穴が開いてきますので、この辺りが薄さの限界です。

K18中空イヤリング制作

本体パーツは18金ロウでロウ付けして、イヤリング金具や丸カンは14金ロウでロウ付け。
雫を吊り下げる丸カンは、高温ロウでは融けてしまいますので、10金ロウで閉じました。

この後、磨き仕上げ工程に入り、完成です。

 

ジュエリーリフォーム/フルオーダー 岡田彫金工房